FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3日目、ハナウマ ベイ1。

2010年02月05日 18:15

女だらけの水泳大会ばりに おっぱいが ぽろりした。
と 言うのは 言いすぎか。
feb5-10-3.jpg

ワイキキから 少し離れた そりゃ もう きれいな 小さな湾、ハナウマベイへ。
火山が爆発して 小さなクレーターになって それが 侵食されて 小さな湾ができたとか。

国立公園になっていて 訪れる人は多いけれど ある程度、自然が 守られていて 
シュノーケリングで お魚さんと 戯れることができる。

思わず、南の島のルーシー気分で 歌います。

姫が 海に入っている間、まるちゃんと 砂遊びに興じる私に 
横を通る きっと ヨーロッパ人であろう おっさんの目。

『 あぁに じろじろ見てんだよぉ~ 』 なんて 言わず
不適に 笑ってあげる かなり いい人 = わたし。

それでも 気になる 視線。

そして 気がつく。
おっさんの 視線の先で 私の 右乳の さきっちょが 
ビキニから ひょっこり顔を出し こんにちはって 微笑んでいる(おっさんに)。

『 あらあら、君にも 日焼け止めを 塗らなくちゃ 』
なんて のん気に 言っている場合でもなく。

『 君は 入っていなさいって 』 と 押し込むわけです。

決して 大きい訳ではない。 
確実に 貧な方。
しかし いまだに 授乳している為、 ミルクが 溜まると 張ってくる。
でも 出ちゃ ダメ。

さわやかな 青空の下、国立公園の片隅で 特別大放出な日なのでした。
feb5-10.jpg




おっさん、ラッキーデー。
いやいや 私のを 見たって おっさん、ラッキーじゃないか。
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    recent entries

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。