スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナウマベイ2。

2010年02月05日 19:21

そ知らぬ振りして 日本人観光客の仲間になった。

feb5-10-2.jpg
おっぱいを きちんと ビキニの中に入れ、
姫と交替し、今度は 私が 海に入る番。

ふらふらしながら お魚さんを 探して 海を 覗く。
でもさ なかなか いない。

いや 確かに いるけどね。
私が 寒がって 海に入るのを 迷っていると 
一匹の魚が 私の足元を ぐるぐる回って 見届けてくれたし。

でもさ イメージ的には わんさか いるはず。
でも どこかね。

波に 揺られながら ぼ~と シュノーケリングを 続けていると
なんか 近くで 日本語が 聞こえる。

しかも 
『 わぁ~ この珊瑚の間 すっごいよぉ~ 』
『 この辺、 すっごいよ~ でっかいぃ~ わぁ~ 』 っと 気になる コメント。

みんな シュノーケリングを やりながら だから
時折 聞こえる その声の方向に ふらふら~ と つられて 行ってみる。

そして 頭を付き合わせて 下を覗きこんでいる 日本人の 観光客の皆さんに
もれなく 参加し 一緒に 頭を 付き合わせてみましたよ。

わぁ~ なんか 一体感!
と 思っていたのは 私1人。

いたいた。 
その お姉さん達が 騒ぐだけあって 
なんか でっかいのとか ひらったいのとか ← 小学生並みの説明。

充分、南国の海らしい光景を 満足したら 
その お姉さんたちに 見つかる前に
静かに にわかな仲間の輪を離れ また ゆらゆら 岸に 戻る。

ありがとう、仲間達、
あなた達の おかげで たくさんの お魚さんに 出会えました。
と 密かに 感謝するのです。

ばいちゃ。
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    recent entries

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。