スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来くん。

2010年03月19日 16:52

私より にやにやしている人に 会う。



姫と 東京駅で待ち合わせ 祖母の家に 戻る。
嫁いだ先の家だけど 私には こちらの方が 落ち着く。

まだ 昼過ぎなので 車で 近くの ブックオフに 行く事にした。
そこは 3階建てで 書籍やCD、DVDの他に リサイクルの服、おもちゃ、
ブランド品、スポーツ用品まで 揃っていた。

すごいね ブックオフ。

従業員も多く、ちょうど シフトの入れ替わりだったようで 
大学生風の 若い集団が 賑やかに サークルの乗りで ぞろぞろ出入りしていた。 

探している本があったので 近くにいた 従業員のお兄さんに 質問した。
私の質問中、この きゃしゃな メガネのお兄さんは にやにやしている。

そこで 質問の終わりに
『 ...で、 なんで にやついてんの? 』 と 軽く聞いてみた。

すると 森山未来に そっくりの このお兄さん、 驚いたようで
「 いえいえ 笑顔です。 笑顔のサービスですよ 」 と どぎまぎしている。

『 ふぅ~ん 』 と 半信半疑に 受け流す。

とても 礼儀正しく 丁寧な対応の 未来くん。
新人らしい彼は レジの後ろにある コンピューターで 
先輩・従業員の女性に びびりながらも 助けを求め 一生懸命 探してくれる。

ようやく 本のある場所が 見つかり 案内された。
しかし その本は すでに 売切れており 見つからなかった。

そんな時も とても丁寧に対応する 未来くん。
でも にやにやしている。

そんな 彼に
『 にやにやしながら 手伝ってくれて どうも ありがとう 』と 言ってみた。

すると 「 いやいやいやいやいやいやいやいや 笑顔ですって 」 と 
海底を走る エビのように 引け腰に 持ち場に戻って行った。

きっと 先輩・おねえさま達から いびられていることでしょう。
親近感が沸くので また 行く機会があったら にやついているか 見に行こう。
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    recent entries

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。