スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラフォーですが。

2010年04月28日 23:02

姫の誕生日に ネズミーランドへ行く。
apr28-10.jpg
本当は 数週間後の まるちゃんの誕生日に 行きたかったけれど 
今年は 金曜日なので 混雑を避けるために 姫の誕生日に ずらしてみた。

仕事が忙しく 無理かな~と 思っていたけれど 父さん 頑張って 休んだ。らしい。

昨年、まるちゃんが 1歳の時には 親の方が はしゃいでいたけれど 
今年は この小さい人も 張り切っております。

まずは 1人で 猛烈に 走り始め、
apr28-10-2.jpg
(この調子で この日1日で 4回も 大きく転倒し 大泣き)


『 ジャンクルに 乗りに行こうよ~ 』 と言う 親の声なんて 振り切り
振り返りもせず 1人で さっそうと あっちに行ってしまう。
apr28-10-3.jpg


まだまだ 言葉の少ない まるちゃんが 結構 はっきりと言う 「 あっち 」。
バギーを 押しながら 「 あっち 」に 行くそうです。
apr28-10-4.jpg


そして やはり お店では 姫様買いの 勢いは 止まらず。
( でも あの手この手で だましだまし、 結局 買ったのは ミニーちゃんの耳だけで )
apr28-10-5.jpg


お昼寝もしないで 遊びまくる彼女は 夕方 近くになり 姫の足の上で くたばるのでした。 
apr28-10-6.jpg

やはり ネズミーランドは 楽しいよ。
今年は スモールワールドの お人形さんたちに 号泣で
バズライトイヤーにも 号泣で ライド系は イマイチだったけどね。 

この日、日本と アメリカの違いを 改めて感じたこと。
それは よく 人々が 話すこと。
見知らぬ人々が 恥ずかしがりもせず なんの違和感もなく 軽く 言葉を交わす。

日本でも 地方によっては そうかもしれないけれど 
でも 浦安のネズミーランドでは やっぱり そんな事は なかったよなーと。

例えば、今日一日でも 軽くこんな感じで;

ミニーちゃんの耳を 購入するとき キャッシャーの おじさんにも 
まるちゃんと 同い年の子供がいるらしく 軽く 世間話。

まるちゃんの付けた ミニーの耳と それに マッチした 靴下が
かなり お気に召したらしく 2人の若い アフリカ系アメリカンの オネエさん方が
『 きゃー 超 かわいいぃ~ 』ってね まるちゃんの 周りで 一通り 大騒ぎ。

バギーの背もたれを倒し ぼけ~と まるちゃんが 乗っかっていると
通りすがりの おねえちゃんに 
『 oh, she's just chilling! 』 と 話しかけられる。
これ 日本語にすると 変だけど 『 リラックスしてるじゃ~ん 』 みたいな感じ。

パーク内を一周する 電車に 乗っているときには 後ろの おじさんと おばさんに
『 あんたー 耳つけちゃって かわいいわねぇ~ 』 と つつかれ

疲れた まるちゃんが 地面に ねっころがっている姿を見て 若い おにいさんに
『 遊んだんだねぇ 疲れたんだよ~ 』 と 話しかけられ。

お店で 姫様買い状態で あれも これも 抱え込んでいる まるちゃんを見て
イギリス人の おっさんが 大爆笑。
『 お店 丸ごと 買っちゃうつもりなんじゃい? お父さん 大変だねぇ 』と にやにや。

こんな感じで あちらこちらで。

これ、小さな子供がいるから よく 話しかけられる と 言うのもあるけれど
でも 子供がいなくても 列に並んでいる 前後の人で 軽く 世間話とか
トイレ待ちの列でも 軽く言葉を交わしたり。

以前は そうやって 話しかけられるのが 面倒で 嫌だったけれど
今では それが 普通になり 静かに 待っているのが なんだか おかしなくらい。

かわいいスニーカーを 履いている人を見かけて
『 いい スニーカー はいてるねぇ 』
“ ありがと~ ”
みたいな 軽いのりで。

アメリカ人の イメージは おおらか と 思っている人も 多いかもしれない。
...本当は そうでもないのが 実情。  
どこの国でも 一緒だろうけど 横柄で 無礼で 嫌味な人も たくさんいる。

でも 何気なく 言葉を交し合う文化は 意外と おもしろいかも。 と 
ネズミーランドに行って 改めて 考えてしまった。

そういえば 私も 気になる事があると 話しかけちゃうかも。
『お子さん いくつ?』 とか
『そのTシャツ いい色してるね』 とか。
なんで 話しかけちゃうんだろう。

さて 来年は お人形さんに 泣かずに 乗れるかな~?
お誕生日おめでとう、姫さまー。    
スポンサーサイト

コメント

  1. CITROEN | URL | WxyU21GU

    Re: アラフィーですが。

    kayさん、こんばんは。
    そちらのネズミーランドは空いてるんですね~・・
    大昔、息子が5歳の頃、真冬の平日に行きましたが、それでもそこそこの人出・・うらやましいな~・・

    ところで、そちらのお国柄(?)を読んでいて、ふと思いました。
    「これって、大阪のおばちゃんやん。」って。
    ていうか、大方、おばちゃんになると、こういうこと平気になっちゃうみたいで。
    せっちーは息子さんから、釘をさされたそうですよ。
    「オカン、頼むから、誰彼なく平気で声をかけるようなおばさんにならんといて。」と。
    おばちゃんは、あめりか~んな人種なのでしょうか?

    それと、ひとつ質問なんですが、まるちゃんは何語をしゃべってるのですか?
    日本のコンビニで、どういう言葉を発していたのか、とっても気になります~。
    可愛い甚平さんを着て、英語をしゃべるっていうのもお洒落だけども・・(笑)

  2. kay | URL | JY.upzGg

    CITROENさん、こんばんはー。

    息子さんが 5歳くらいのときなら 私が ほぼ毎日 あの場所にいたときです。  
    実は 当時 お会いしていたかもしれないですね。

    そうなんです!! 私もね 関西のおばちゃん風だなぁ~ってね 思っていました。
    電車で 隣の人に あめちゃん あげちゃうノリです。
    節子さんは 違和感なく こちらに 溶け込んでしまうかもしれないですね。

    英語が まだ 上手く話せなかった頃、 見知らぬ人々に
    『 Hi, how are you doing? 』と 挨拶されるのが とても 苦痛でした。
    でも それが ひとつの文化だと理解してから 
    郷に入っては郷に従え に なるのだなぁ~と 身を持って勉強しました。

    逆輸入で 私も 関西に行ったら 立派な関西のおばちゃんになれますかね~?

    まるちゃんですが 多分 英語も日本語も 同じようなレベルだと思います。
    今、はっきりと話すことができる単語は 
    open, more, bubble, mommy,daddy,chips, juice とか
    あっち、なにー、書いて。 ...くらいなんですよね。

    言葉が遅いので 言語療法を受けているのですが セラピストの先生は もちろん英語で教えるので
    私も 先生が 教えようとしているフレーズは 英語で話します。
    あと まるちゃんの友達は 全員が 英語しか分からないので 
    家の外では 自然と 私も 英語の方が 多くなります。
    でも 家では 日本語が 多いです。
    テレビも 日本のものも 英語のものも 両方 好んで観ますし。

    お店では これ開けて と 手話でやりながら 『 open 』と 迫ってきます。
    で、そのものを 私に 手渡すときには 『 はいっ 』 と 言います。

    甚平を着て クレヨンを 持ってきて 『 かいて 』 と 言いなが画用紙を持ってきます。
    で、絵に飽きたら 手話をしながら 『 done! 』と 言います。

    こんな感じで 両方 ぐちゃぐちゃです。
    だから 言葉が遅いというのも あるかもしれませんね。
    まぁ そのうち 人や状況によって 使い分けるようになるといいなぁと 思っています。

    地方出身の人々が 東京では 標準語を話すように...ですかね。 

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

recent entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。