FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中休み。

2010年09月13日 23:13

昨夜は まるちゃんが 風邪だというのに 
姫の従兄弟家族が やってきて 大騒ぎ。
まるちゃんの セカンド・カズン 10歳以下が 3人。
かぶせるように そのうち2人が 風邪なんだも-ん。
...もう いいよ。

でも いつもは 親戚と離れているので
たまの 賑やかな集まりに まるちゃん、嬉しそう♪
  
なので 今朝は ゆっくりと起床。
まだ 風邪気味のまるちゃんも ゆっくりと身体を休める。
リビングの すぐ脇の部屋で 介護用ベットに 寝たきりの祖母。
あと 数年で 一世紀を生きる 強い人。
つい数ヶ月前まで 頭もしっかりして 椅子に座って ご飯も食べていたが
ここ最近は 食も細り もうろうとしている事も多い。

祖母は とても愉快で快活、威勢がよく 商売上手で 近所でも 
有名な おばあさん。 気性は強いが 誰にでも 同じように接し 
孫嫁の私にも 笑いながら ちくりと言うが でも それが おもしろくて 
こっちも 思わず 冗談で 返してしまえる。

孫たちからも ひ孫達からも 慕われている。
それが 姫の祖母。

姫の祖母と 初めて会ったのは15年前。
当時から 『 私は もう 長くない 』と 言うのが 口癖。 
だから 体調を 崩す度 『 もうだめ 』 と言う祖母に
“ もう何年も 同じ事を 言ってるから信憑性がない ” と みんなで笑う。

それが 今回は なんだか 違う。
会うたびに どんなコンディションでも 強い強い 祖母の灯火が
なんだか 弱くなっているように 感じる。 

時折 目を覚ます祖母。 
私が 顔を出すと 『 あんた誰? 』 と とぼける。
“ だれでしょう? ” と 言うと
『 あー 女中のリンさん? いや 質屋の娘さんだー 』だってさ。
そのくせ、 まるちゃんが 祖母の名前を呼ぶと 目尻が下がり
姫の事は 完璧に 分かっている。

...寝たきりでも 孫嫁を しっかり からかう。

介護している姫の叔母は 時間を問わず24時間対応で 疲れきっている。
ここに 書き記す事ではないが 在宅介護は 本当に 簡単な事ではない。
人々を追い詰めてしまうのも よくわかる気がする。

時折、『みず』と 言う 祖母に スプーンで とろりとした冷水を流す。
『痛い』と言う 祖母の やせ細った 足をさする。
それくらいしか 私たちには出来ない。
介護に 関わっていない人が 下手に 手出しは出来ない。

お腹が空いていると言う祖母だが 喉に詰まらせる恐れもあるので
少しの流動食しか 食べられない。 
食べさせて上げたいけれど 無理はさせられない ジレンマ。 
食べたいけど 本当は 食べられない ジレンマ。
  
あの強かった 祖母の こんな姿を見て いろいろな事を 考える。
長生きして 祖母が 私たちに 教えている事は何だろう。
誰もが向き合う最後の旅立ちとは なんだろうか。 

姫は 育ての親である 祖母の手を取る。
私は まるちゃんを抱き 横にたつ。
まるちゃんは 祖母の名を 呼ぶ。

もう まるちゃんを 抱っこしてもらう事は 無理かもしれない。
でも 祖母はまだ 私たちに 時間をくれそう。

そんな事を 思いながら まったりと 過ごすのです。
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    recent entries

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。